スローフード秦野支部 設立宣言


  スローフード運動の提案する【おいしい きれい ただしい】に共感します!


  1、「おいしい」の幸せ
   人と人が集まれば、そこには必ず「食」がある。
   美味しい食事と楽しい会話、みんなが笑顔の幸せは、小さなテーブルから生 まれる。
   お母さんから子供へと受け継がれた「おいしい」は、やがてひとつの文化となって、
   家族をつなぎ、地域をつなぎ、生産者と消費者をつなぎ、日本と世界をつなぎ、
   地球上の生きとし生けるもの全ての「幸せを考える心」を育てていくだろう。と、
   私達は考えます。


  2、「きれい」の幸せ
   「おいしい」の原点は、豊かな大地ときれいな水がもたらしてくれる。
   秦野の緑豊かな森林と恵みの水を守りたい。
   山から滲みだす一滴の水が、いつしか小さな流れとなって、森を潤し里山へ。
   小さな流れが川になり、大地の恵みは、私達に「おいしい幸せ」を届けてくれる。
   「きれい」は、「安全なおいしい」だ。
   きれいな味は大きな喜び。喜びは、美しい青い星「地球を愛する心」を育て、
   次世代に受け継がれていくだろうと、私達は考えます。


  3、「ただしい」の幸せ
   イタリアの小さな村から始まったスローフード運動。
   いまや世界中に広がって、地球に暮らす人類すべての幸せを考えるときがきた。
   私達は今、先進国のエゴ、過激なモノカルチャー、画一的社会に溢れる情報の海に
   溺れそうだ。
   同じ土地に生きる一人ひとりが輪になって、「本当の豊かさは何か」を考えよう。
   「食」という一つのドアを開け、無数に広がる扉の前で、「幸せな暮らしとは何か?」を
   みんなで考えたい。と、私達は思います。

                        スローフード秦野支部  代表 中川璃々

   (上記宣言は、2008年11月25日、スローフード秦野支部設立総会で決議されました。)